自然 · 2024/05/22
 今日は暑い日で今年初めて扇風機を出しました。裏の田んぼも全面に水が張られ田植えの準備段階です。夜はカエルの合唱が聞こえて季節の風物詩で初夏の訪れを実感しています。  今日の夕焼けはワインレッド色でした。明日は休み、家に帰ったら赤ワインが飲みたくなりました。
医療 · 2024/05/21
「形式知」とは文章や図、数値など誰が見ても理解できる形式化された客観的な知識のことで、これはAIが得意であり既に我々人間は知識量では敵わないと思います。 ...
2024/05/20
令和元年12月の移転開院時のお祝いに頂いた胡蝶蘭が今年もまた咲きました!当院の再生工場では胡蝶蘭だけではなく、傷ついた心を抱いて駆けこんで来られる患者さんを元気に再生するべく、日々フル回転で頑張っております。
 · 2024/05/15
 私が良く使うミルタザピンは今では後発品使用が主であるが、昔先発品しかない時代は明治の「リフレックス」とMSDの「レメロン」が競合して同じ中身の薬を売っていました。リフレックスの方がリラックスやリフレッシュを合わせた造語で入って行き易く、営業力の差もあり、よく売れていた様です。...
自然 · 2024/05/13
また、夕焼けが綺麗に見える季節がやって来ました。自然の画家が空に絵を描いている様に見えますね。今年も西山の夕焼けを写真に撮って行こうと思っています。
2024/05/08
 今週は月曜日がお休みの関係で、前半は普段より楽させて貰った気がしました。また明日休みで一息抜けると思うと、今日の診察は肩の力が抜けてかえって順調でした。  診察室からの景色は視界を遮る建物が少ないので、合間に見る空と雲が「時間と共に変化する絵」の様でとても面白いです。何に似ているか想像を膨らませて見ると楽しいです。...
エッセイ · 2024/05/07
 世阿弥の『風姿花伝』の中の言葉に「男時(おどき)・女時(めどき)」がある。男時は勢いがある時、女時はその逆の時。人の気の流れは移ろいやすく、自分の努力だけではどうしようもない流れの時もあるので、そんな時はひたすら今自分がやれることをやって次に来る男時を待つしかない。待っていれば転機(チャンス)がいずれ訪れる。と、高田明さんの本に書いてありました。  長年クリニックを運営していると、日により患者さんが全然来られない日もあれば、沢山固まって来られる日もあるなど波があります。時々入る祝日や連休や天気などの妙の影響で極端に患者さんが少ない日もあり、患者さんに見放されたか?と思う程の辛い時です。そんな時はお預かりしていてまだ書けていなかった診断書を書いて次に繋げる作業の時間に充てることが多いです。  不遇の時に先を見据えて努力を積み重ねることが大事であることを世阿弥の「男時・女時」という言葉から学びました。日々の診察の中で患者さんにも伝えて行きたいことです。
2024/05/06
今回のGWは前半2日間、後半5日間もありましたので少々休みボケ気味です。我々医療人にとって長い休みは楽な反面、休み明けはその反動で患者さんが多いので毎回忙しくドタバタします。明日の朝からまた今まで通り診察出来るのか?ちょっと不安ですが、そこは長年の経験で徐々に臨床の勘を戻して、また明日から頑張ります!
自然 · 2024/04/22
 桜の季節もあっという間に終わり、新緑が美しく感じる季節になって来ました。当院の駐車場の植栽ではハナミズキが主役で咲く季節です。この時期は暖房も冷房も要らず、朝の空気も清々しいので窓を開けて診察しています。...
2024/04/10
 10日は朝から天気が良く、当地へ移転以来していなかった看板磨きをしました。4年以上の雨風で汚れた看板を磨き汚れを水で洗い落とす綺麗になりました。気持ちもリフレッシュしました。  当院は電柱の道案内以外には立て看板がない「宣伝しないクリニック」ですので、この看板を「看板に偽りなし」の気持ちで大事に保って行きたいです。

さらに表示する