· 2021/02/24
最近、「涙が止まらない」という訴えの人が目立ちます。激しい精神的興奮(気逆)に伴う水逆(身体の中の水の逆流)により涙腺から涙が零れ落ちると考えられます。この様な方に当院では甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)という漢方薬が第一選択です。症状が強い場合は、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)というを薬を併せて処方する場合もあります(苓桂甘棗湯:りょうけいかんそうとう)。甘麦大棗湯は今から約1300年前(日本の弥生時代頃)の頃の中国の書物「金匱要略」に既に書かれている薬です。  この薬の面白いのは甘草(甘味料)と小麦、大棗(ナツメ)の3種の食品で出来ていて、薬の名前がそれを表しています。現代の様に沢山の精神安定剤がある時代とは違い、安定剤など何もない時代に食品を組み合わせて精神安定を図った古人の知恵に感服します。この薬が21世紀の現在まで生き残り、ストレス社会を生きる現代人にとって「なくてはならない薬」になっています。特に妊婦や授乳中の方の精神不安定には副作用の少なさから有用な薬です。これからも積極的に使って行きたい薬の一つです。
アート · 2021/02/17
本日から当院ステンドグラス・ランプの新作を受付前に置きましたのでご覧ください。...
自然 · 2021/02/13
令和1年12月の開院時に樹木を沢山植えましたが、診察室から見えるヤマボウシと敷地の鬼門の位置にあるヤマモモの2本が残念ながら枯れてしまいました。2月10日にそれぞれ二代目となる同じ種類の樹木が植えられました。今度は枯れないようにしっかり根付かせます。
2021/02/12
胡桃材の椅子が本日、届きました。飛騨の匠工房製です。横にある荷物置き台と同じ材質ですが年月の違いで多少色合いも違います。ひじ掛けの分の手触り感が良いです。座面が固いので革製の座布団でお座りください。
エッセイ · 2021/02/11
日々の忙しい臨床の中で、ふと文章にしたいアイデアが泉の様に湧いてくることが多い。しかし、知の泉というものは自然に湧き出てくるものではなく、日々の臨床研鑽の中で思いつくものであると思う。...
2021/02/03
まだまだ寒い日が続きますが、時々暖かく感じる日もあり季節の変わり目を予感します。今日は暦の上では立春です。昨日の2月2日が節分になるのは124年ぶりとのことで大変珍しい年ですが、疫病が流行ることと何か関係があるのでしょうか?今年は、コロナという鬼(邪気)を全ての人の協力で早く追い払いたいものです。...
自然 · 2021/01/30
今朝は昨夜からの雪で車のフロントガラスが凍るほどの寒い日で、身も心も凍るほどでした。お正月の休みからの通院サイクルの関係で患者様の数も少なく寂しい土曜日でしたが、徐々にお日様が照る様になり昼には雪もすっかり溶けました。雪解けムードという言葉がある様に気持ちも明るくなりました。...
2021/01/25
1月24日雨の中を熱田神宮へ初詣に行って来ました。私共の場合、困った時にいつもお願い事をするのは本殿向かって左奥にある通称「荒魂神社」です。以前に熱田神宮ツアーに参加した時に、ここはお願い事をしても良い神社であると聞きました。 この日も、昨年のお礼と共に目一杯今年のお願い事をして来ました。皆様も困った時にはお勧めの場所です。...
自然 · 2021/01/23
今日は小雨の中、白鳩(銀鳩)が一羽,裏の田んぼに来ていました。白鳩は昔から平和のシンボルであり、珍しいので出会うと縁起が良いとも言われています。今後、良いことがありますよう様に。
自然 · 2021/01/20
二十四節気では、今年の大寒は本日1月20日だそうです。1月5日の小寒から寒さが続いていますが、今が一番寒さが厳しい頃で、特に朝の寒さが身染みる頃です。2月3日の立春の後には春が待っていますので、寒さに負けず元気に冬を乗り越えたいところです。...

さらに表示する