エッセイ

エッセイ · 2021/02/11
日々の忙しい臨床の中で、ふと文章にしたいアイデアが泉の様に湧いてくることが多い。しかし、知の泉というものは自然に湧き出てくるものではなく、日々の臨床研鑽の中で思いつくものであると思う。...
エッセイ · 2021/01/04
当院の患者様、ご家族の方、医療関係者の皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 1月2日にクリニックのある場所の氏神様である松原神社へ初詣に行って来ました。今年も1年無事で過ごせますようにお祈りして来ました。...
エッセイ · 2020/12/31
28日に年内最後の診療日を終え、その後年賀状作成や掃除、買い物などの新年の準備で年末の慌ただしい日々を過ごしております。5月30日に突如ブログを始めてからネタ切れになることなく半年以上続けることが出来ました。これも、読んでくださった皆様のおかげです。また、この1年当院へ通院して下さった患者様には心から感謝いたします。...
エッセイ · 2020/12/27
私はクリスチャンではないが、クリスマスも終わったばかりであるのでキリスト教にまつわる話題を一つ。...
エッセイ · 2020/12/24
 今年もあと残り僅かになりましたが、当院で一番残念だったことは自ら死を選ばれた方が数人おられたことです。希死念慮を訴える方も精神科の性格上多く、患者さんから発せられるサインを見逃さないようにはしていますが、全くサインがなく既遂に至る方もおられ、連絡を受けた時にはまさに痛恨の極みです。今後、診療技術を少しでも向上させる努力を積み重ね、自殺予防に努めて行く所存です。  パスカルは「人間は考える葦である」という言葉を後世に残しました。この言葉の意味は「人間は自然の中では弱い存在であるが考えることによって宇宙を超える」であり、「考える」ことの重要性を示した名言であると理解しています。しかし、精神科の診療を長年やっていると、本当に葦の様に脆(もろ)い人がおられ、ちょっとしたストレスが加わるだけでも、あっけなく自殺企図に及ぶ人がいますので、私にはこの名言の中で「葦」という言葉の方が強く響きます。  早熟な天才で多方面で優れた業績を残したパスカルも39歳の若さで亡くなっており、あれこれ考え過ぎて頭でっかちにならない方が長生きするのには良いのではないか?とも思います。与えられた命以上に大事なものはないです。来年は当院の患者さんで自死する方が一人も無いように務めたいと思います。
エッセイ · 2020/12/24
ここ10年以上、年末にはクリニックの忘年会があり、各人が「今年の一字」を書いて、その思いを述べていましたが、今年の忘年会はコロナの影響で開催できませんでした。...
エッセイ · 2020/12/03
お陰様で当院は移転開業をして本日で丸1年になりました。支えて下さった患者様のおかげと感謝します。現在の地へ来てから春日井市東部や小牧市の方が多く来て下さるようになり、新患の方もこの1年で5百人を超えました。...
エッセイ · 2020/12/01
いよいよ今日から12月師走ですね。昨年の12月1日は開院前の内覧会を行った思いで深い日です。いろいろな意味で激動だった今年もあと1か月か?と思うと、気持ちもあわただしくなります。気がせいて、つい患者さんを呼びに行く時に廊下を走ってしまいます。昔からクリニックでは年末年始の休みは1年で一番長く、その分患者さんが前倒しに来院されるので年末は忙しく医師や看護師などが走るので「師走」だと思っています。 コロナ渦でお客さんが少ない業種もある中で、忙しいのはむしろ幸せと思います。開院日は12月3日ですのでもうすぐ移転2年目に入りますが、この1年でスタッフも随分変わりました。「生き残る為には常に変わらないといけない」という言葉があります。この地で2年目に入り、より良い医療を行う為に当院も常に変わりますので、お見守り下さい。
エッセイ · 2020/11/13
今日11月13日は前の勝川の山口メンタルクリニックの閉院記念日です。...
エッセイ · 2020/11/02
1年で一番診療日が長い10月が無事終わりました。おかげさまで9月以上に忙しく充実した月でした。...

さらに表示する