エッセイ

エッセイ · 2020/11/13
今日11月13日は前の勝川の山口メンタルクリニックの閉院記念日です。...
エッセイ · 2020/11/02
1年で一番診療日が長い10月が無事終わりました。おかげさまで9月以上に忙しく充実した月でした。...
エッセイ · 2020/10/26
鬱(うつ)とは滞りのこと。気の流れが滞ると血や水の流れも滞り体調不良になります。うつ病とまでは行かなくても、小さな鬱は誰にでも日常的によくあります。...
エッセイ · 2020/10/05
矛盾という言葉は日常用語になり違和感はないですが、この矛盾と言う言葉は中国の戦国時代(西洋で言えば紀元前二百年代)の古典「韓非子」が出典です。2千年以上前から矛盾に満ちた世の中はそう変わっていないかと思われます。ここでは、この言葉の古典のいわれなどは省略しますが、いつも診察していて思うのは現代社会でも矛と盾の関係、すなわち攻撃と防御の関係は世の中を動かす基軸であるということです。身近な例では、最近のコロナウイルスが矛でマスクやフェースガードが盾でしょうか。2千年の時を経ても残ってきたこの言葉に含まれた深い意味を今思います。 現代の日本では大きな戦争はないですが、小さな争いは職場でも家庭でも頻繁に起きています。今や男女関係なく家の外で、時には家の中でも容赦なく「ストレスの槍や矛」に攻めて来られることが多いです。いかに「ストレス耐性という盾」を強くすることがこの矛盾に満ちた世の中を生き抜いて行くのには必要であると日々痛感しています。 結果として、ストレスに対する防衛力が弱い人に症状が出て精神科に受診されることになりますが、言葉の力や薬の助け、しばしの休養により御本人が持つレジリエンス(復元力、回復力など)を増やして回復に導くことが精神科治療の根幹であると考えています。
エッセイ · 2020/09/30
おかげさまで9月も盛況のうちに無事終わりました。ブログを始めた5月以来、月間の延べ来院患者数も右肩上がりに増えれておりブログ効果を実感しています。...
エッセイ · 2020/09/27
コロナ渦発生以後、芸能人の自殺報道が多いのが気になります。有名人だから目立つのであって、多分それは氷山の一角であり、世の中ではもっともっと多くの人が悩み苦しんでいることを映しているニュースであると思います。...
エッセイ · 2020/09/06
最近良く思うことは、「活路を開く」ということです。路と道はほぼ同じ使い方ですが、ここでは活路と言う意味で路に統一します。...
エッセイ · 2020/08/09
最近、大事な物を入れる為にアンティークの木箱を購入した。大正時代の物であり百年以上前の物である。年月を経た物は新しい物にはない魅力があり、木の手触りはプラスチック製品などと違いとても良い。送料込み四千円台で買えるお宝である。今時、手に届く様なお宝などないと思っていましたが、見つけ方次第で宝は身近な所に転がっていると感じました。一つの発見でした。今後も末永く大事に持っていたいです。
エッセイ · 2020/07/25
最近、御家族のご紹介で新患として受診される方が多い。主な受診動機は夜間不眠である。不眠症の有病率は一説によると人口の約20%との調査結果もあり、不眠症は昔からありきたりの症状で、以前は内科などでお手軽に睡眠導入剤を投与されて済まされて来ました。しかし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は依存性や翌日の眠気・ふらつきなどの副作用も目立つので問題視され、近年では内科などの一般科ではベンゾジアゼピン睡眠薬の長期投与は出来ないことになり、事実上精神科専門医でしか処方が出来なくなっています。良い睡眠があっての翌日の良い心身のパフォーマンスがあり、鬱症状も不眠症から始まることが多いです。昔は内科小児科に家族で受診していた様に、夜よく眠れないことに悩む人は老若男女問わず気軽に精神科・心療内科を受診して欲しいと思っています。
エッセイ · 2020/07/16
藤井新棋聖誕生おめでとうございます。名鉄瀬戸線沿線に住む者として地元のヒーロー誕生の思いです。 最近は、将棋でもAIが読む次の一手がプロ棋士の読みを凌駕し、プロがAIに負けることが驚かれない時代である。藤井新棋聖の強さの理由として、AIを超えた読みの鋭さが言われています。...

さらに表示する