アート

アート · 2021/02/17
本日から当院ステンドグラス・ランプの新作を受付前に置きましたのでご覧ください。...
アート · 2021/01/04
当院は、患者さんに座って頂いて受付・会計するのが今までのやり方でしたが、コロナ禍の影響で、臨時措置として患者様に立ったままで受付・会計をして頂いております。誠に恐縮でございます。受付前空間に会計待ちの人の為に、手持ちの椅子を置いたところ好評でありましたので、新年を祝して受付の荷物を置く台とお揃いのくるみ製で「飛騨の匠工房」に椅子をオーダーしました。受注生産ですので、出来上がるまでに1ヶ月以上かかりますので、無垢の木の手触りをお楽しみにもう少しお待ちください。
アート · 2020/12/21
昨日は第九の一日でした。午後から宗次ホールで若き二人のピアニストによる2台のピアノによる第九演奏を聴きました。お二人にとっても初の初の試みであり、白熱の演奏に感動し心からの拍手を送りました。ピアノ版はベートーヴェンの曲のリストによる編曲であり、オーケストラ版をピアノ演奏だけにまとめ上げるリストの才能の凄さをあらためて知りました。...
アート · 2020/12/09
今週から廊下のニッチに当院スタッフ手作りのステンドグラスの教会を展示しております。 患者の皆様が困った時に気軽に立ち寄れる「心の教会」のようなクリニックになりたいとの思いを込めて。
アート · 2020/12/07
 先日、ジュルジュ・ルオーにつて清州市はるひ美術館館長の高北幸矢先生のアート・トークを聴く機会があった。先生には、当院のロゴマークをデザインして頂きましたご縁があります。...
アート · 2020/11/05
先日、箱根のポーラ美術館に行って来ました。日本有数の近代西洋絵画のコレクションを持つ同館は遠くてもわざわざ行く価値がある美術館であると思います。...
アート · 2020/10/12
日曜日は三重県菰野町にあるパラミタミュージアムで開催中の須田剋太展を観にに行ってきました。具象と抽象の両方の絵を描かれた人で、司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵を担当されたことでも有名です。書も人生の後半で独学で学ばれました。街道をゆくの原画も良かったですが、下手でもよいと開き直って書かれた画家の書は迫力があり心を打たれるものがありました。写真撮影OKだったので何点かをご紹介します。
アート · 2020/10/09
当院の電話番号の末尾は7532(なごみに)です。「ここへ和みにいらしてください」とういうメッセージが込められています。患者さんが多くて待合室の椅子が足りない時に、たまに皆様に開放する相談室の壁に掛けてある墨の額は「和心」です。字の意味は文字通り「和やかな心」大事ですね。...
アート · 2020/10/09
皆様を毎回出迎える玄関脇に緑青の刻字額があります。字のおおよその意味は「ここに入ると和やかな気分になる」というものです。字体は金文文字(紀元前千年ごろの字体)です。...
アート · 2020/09/07
秋の模様替えで、ニッチに皆様を守ってくれる新たな女神が加わりました。当院特製です。

さらに表示する